ヤーズ 副作用

ヤーズ 副作用|ヤーズを飲むようになったきっかけ

 


胃の不調(痛み・気持ち悪い)に悩んでいた私。
何年か前にも同じ症状でお世話になった内科を受診しました。
お医者様によれば、胃ではなく小腸が原因とのこと。
過敏性腸症候群ですね、みたいに言われました。
「生理周期と関係があるかも?」というような話をしたところ、

 

「大いに関係があるので婦人科でホルモンバランスの検査をして」

 

と言われ、婦人科を受診しました。

 

でも私の場合、排卵日後というよりも
生理が始まって1週間後くらいが調子悪い。
それもまたはっきりこのあたりからってのもなくて。
でも何とかしたかったので婦人科を受診しました。

 

婦人科で血液検査をした結果
更年期でもないし〜
まぁピル飲んでみる?
1日でおさまるなら飲まなくてもいいし。
どっちでもいいんじゃない?と。
それで出されたのがヤーズでした。

ヤーズ 副作用

 

胃の痛みと吐き気は相変わらずあったので
内科で処方された薬を飲んでいました。
「必ず吐き気が出るから」と一緒にナウゼリンも処方されていました。

 

頭痛持ちなので、一緒にナロンエースを飲んでもいいか?と尋ねたところ
飲んでもいいけど、ヤーズの副作用で頭痛はありませんから!とのこと。
でも看護師さんがパンフレット見ながら説明してくれた副作用には
確かに頭痛と書かれていたんですよね。

ピル ヤーズ 副作用

 

だから今思えばこの時からちょっとおかしかったんですね、この婦人科医は。
(じーさんでした)。

 

 

ヤーズ 副作用|実際にヤーズを開始!

 

ネットで検索し、寝る前に飲んで寝てしまえば副作用を乗り越えられるとあったので
寝る前に飲むことに。
1日目、2日目は何事もなく。
3日目、お腹が痛い!
全体がパンパンに張りまくっているような痛み。
子供とサイクリングに行く約束をしていたので
なんとか行ったものの、
予定の半分もこなせないまま帰宅。。。

 

それでも4日目も飲みました。
そしたら夜中に悪寒・吐き気・頭痛・腹痛
たまらず内科へ。

 

「それはピルの副作用かもしれませんから、婦人科の先生に確認してきてください」と。
すぐその足で婦人科に(内科と婦人科は自転車で5分くらいの距離。)

 

婦人科で強い腹痛が・・・と話すと
「ヤーズには吐き気以外の副作用はありません!!」

 

え〜・・・(´;ω;`)

 

夕方再び内科を受診。
上記を伝えると
「はい、そうなんです。それでいいんです。」

 

はぁ?????

 

意味が分からない。

 

まぁ内科の先生のほうは大きな病気じゃないし
薬飲んどけば治るから、くらいの気持ちなんですよ。
痛い痛いって思わないほうがいいですよ、とか
もう私が悪いみたいに言うの。
「でも検査とか何もしなくていいんですか?」
って言ったら、「検査する?いやかと思って〜」
たいしたことない、ってハナから思ってるわけですよ。
大丈夫大丈夫!大丈夫の太鼓判です!ってw

 

結局、この内科の薬を飲んで胃のほうは治りました。

 

でもピルは怖くてやめました。。。

ヤーズ副作用

 

で、勝手にやめてよかったか婦人科で確認してきてっていうので
もうあの医者にはいきたくない!と言ったら
別の婦人科に紹介状を書いてくれました。

 

その婦人科でこれまでの経緯を話したところ
「飲むのをやめて治ったのなら、やっぱり副作用だったんでしょうね〜」

 

ヤーズは超低用量ピルということで
副作用はほとんどないようなのですが
私のように合わない人もいるんですよ・・・。

 

ピルのいいところもいっぱい聞いていたので
(がんのリスクが下がるとか)
合うなら使い続けたかったのですが、
やっぱりホルモン剤って怖いですね。。。

 

私はほんとにPMSなのか?

 

女性の周期は生理〜排卵〜生理。
生理から排卵まではエストロゲンという卵胞ホルモンが
排卵期から生理まではプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されます。
PMSというと排卵〜生理までの間が不調ですよね。
それはプロゲステロンのしわざで、このプロゲステロンが心と体に様々な深い症状を及ぼすからなんだそうです。
でも私は生理前はむしろ絶好調なんです。
吐き気とか胃痛が出るのは生理が始まって1週間から10日くらいたったころ。

 

う〜ん。

 

ヤーズ 副作用

とりあえず以前生理不順だった時に飲んで生理が戻った
DHCのザクロ種子エキスを再び飲んでみることに。
PMSや更年期にいいという大豆イソフラボンも入っています。
しかし慣れたのか効いた感じがなかったので
他の大豆イソフラボンのサプリを飲んでみることに。

 

しかし特に変化はなく。

 

私の場合は大豆イソフラボンではだめだった。
つまりエストロゲンに似た作用を持つものではダメなんじゃないか?
エストロゲンは足りているのにさらに大豆イソフラボン摂っていたのかも。
ならプロゲステロンを増やすサプリって何だろう??

 

で、たどり着いたのが「チェストツリー」。
このチェストツリーは「女性ホルモンバランスを調整」する作用があるもので
イソフラボンなどのようにエストロゲンと似た作用があるものではない模様。

 

そうとわかれば早速チェストツリーだ!!
評判がよさそうなサトウのチェストツリーに目を付けた私は
と近所の薬局を4軒回りましたが見つけられずorz
結局amazonのお急ぎ便で頼みました。

 

ヤーズ副作用

翌日着、ありがたいです。
350円なんて安いもんだ!

 

1ヶ月飲んでみて
胃痛・吐き気を感じた日は2日ほど。
これはかなり効いている模様!
自分のタイプを知るというのは大事だということを実感しました。

 

でも今までは生理前の不良はなかったのに
少しそれがあったかもです・・・。

 

サプリについて調べてみた

 

それからの私はホルモンについてすごく関心をもつようになったので
なにかと目に入るように。
そんな時に「高温期と低温期でサプリを使い分けている」という書き込みを見つけました。

 

わたし、なんかそんなサプリを知っている・・・!

 

ネットサーフィンしているうちに、バストアップサプリがPMSに効くみたいなのを見るようになったんです。
で、バストアップサプリなんだけど
その排卵までと排卵ごとに分けて飲むサプリがあって。

 

それが「meemo(ミーモ)」というサプリ。

 

これ、成分をよく見ると
『バストアップよりPMS用に作られてるんじゃないの?』って思うようなサプリで。

 

配合されているものがすごくいいんですよ。

 

・トリプルプエラリア:大豆の40倍のイソフラボン含有
・ワイルドヤム:プエラリアの数十倍もの効果があるとも。
・大豆イソフラボン:エストロゲンと似た作用
・アグア:天然植物性エストロゲンが含まれている
・ブラックコホシュ:イソフラボンが含まれている。フィトエストロゲンという成分が含まれていて、ホルモンバランスをサポート。
・チェストツリー:ホルモンバランスの乱れを調整
・ザクロ:エストロゲンと同じ働きをする「エストロン」が含まれている。
・高麗人参:健康に!
・マカ:体の活性化
・プラセンタ:更年期障害の緩和効果。PMSも効果あり?

 

 

生理〜排卵までの間に飲むものにはプエラリア・ブラックコホシュ・プラセンタ etc.
排卵〜生理までに飲むほうにはワイルドヤム・チェストツリー・レッドクローバー etc.

 

みたいな感じで2種類のサプリがワンセットになっているみたい。

 

立派なアラフォー、子も二人。
いまさらバストアップしたい気持ちはさらさらないですが
PMSの緩和目的で飲んでみることにしました。

 

定期購入だと4回受け取りが条件ですが
長く飲むものなので迷わずポチりました。

 

こちらが届いたmeemo ミーモ

PMS サプリ

 

左半分が排卵まで、
右半分が生理までというふうに分かれています。

PMS サプリ 効果

 

かなり期待しています。

 

>>meemoの詳細はこちら

 

このページの先頭へ戻る